ぼくはきみと

I with You.
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      01
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
うぇぶ拍手
メールふぉーむ
RECOMMEND
Harmony of December
SEARCH
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
J-DVD
ん?と思った瞬間が何月何日だったか覚えていませんが、虫の知らせとでもいいますか、肌で感じた感覚を、まあちょっと信じてみまして。
その瞬間から、何にも一切左右されたくないと思った私は、しばし情報の波の下に潜ってました。
自分の目や耳や心で感じるふたりを1番大切にしたいので、
誰かの発言や誰かが決めることや誰かの予想や誰かの気分にはわたしは一切左右されたくないと思ったのね。

だから、とりあえずふたりのあのしあわせな時間のDVDを見るまでは世間との交信を断って、時が来るのを待とうかな。と。


ですので、沢山メールやコメントくださった皆様、お返事できないまま今日に至りまして申し訳ありませんでした。


浦島ヒナタは元気です。


なぜなら、もう見たから(笑)

そして驚いた。

自分の記憶や、自分のレポよりもずっとずっと光ちゃんが笑っててずっとずっとシアワセな笑顔が駄々漏れで、こっちまで笑ってしまったわ。

あの時、あんな笑顔だったんだ!とか、あの時あんなにしあわせそうな顔してたんだ!とか、
あまりにもあまりにもで、毎回レポする身としてはうちひしがれますが(笑)

剛さんの誰からも逃げないまっすぐな気持ちの支配下にあるドーム全体が、あんなにもしあわせで大きな優しい愛情でいっぱいに包まれてて、
それを一身に受け止める光ちゃんの真っ白さに目眩がしました。


あまりにも愛情が大きすぎて、光ちゃんの身体一つ魂一つでは受け止めきれないんじゃないかとすら多分当日あの場所で思っていたわたしのちっぽけな心配なんてはるか頭上を飛びこえて、光ちゃんはただひたすら真っ白でまっすぐでキラキラとありのままそのまんま受け止めては、その都度しあわせそうに笑っていて、
光ちゃんのあの細い身体のどこにあれだけ受け止めるほどの大きな場所が存在するんだろうって、不思議な気持ちになりました。


揺るぎないのは、光ちゃんなんだ、と改めて思い知る。


それを感じられる私たちは、きっと皆一緒に沢山泣いて来たんだよね、って思います。

だよね?



私たちは、すぐに不安になる生き物だから

毎年、毎月、毎日いろんなことに心を揺らされて、心配して、不安になったりしてきたけど

気持ちを伝える努力だけはやめずに、あきらめたりしないで、まっすぐ前を向いて生きていくっていう

ただそれだけが

シンプルに、答えなんだと思います。


だってもうふたりは揺らがないの知ってる私達が揺らぐ必要ないんだから。


だから

自信がないのは、動いてないから。
だと私は思ったの。


自信なくなったら、動いて動いて動いて

ありのまま気持ちを伝え続けるだけ。

黙ってる必要はないし

無理矢理叫ぶ必要もない。


ただ気持ちを伝えることをやめずにいたいです。


ふたりがいい。

わたしは、ふたりがいい。

KinKi Kidsが大好きだ。


| - | - | pookmark |
14年目。
デビュー14年目の記念日に更新せず、日付変わってから更新とか、なんぞ(笑)
でも、出会って20年がもうすぐそこだよ、とそっちをアピールしときたいわ…


生きてます。



KinKiを変わらず愛してます。



穏やかに、

自分なりに。


ご心配おかけしてますが、ちゃんと復活しますので。


へへ☆


| - | - | pookmark |
ベガとアルタイル
七月七日に浴衣着て、逢えた。



もう、それだけでいい(涙)


| - | - | pookmark |
っ!!










っっっ(涙)


| - | - | pookmark |
ふたりどヤ!
光ちゃんがトイレから戻って来た途端、剛さんの意識は全部光ちゃんの挙動に向かってしまって、あんなに長いこと文章きっちり読んでたのにまるで頭になんか入ってなかったという(笑)


しかしあの剛さんにしてこの光ちゃんだよねー。

そりゃ剛さん、嘘が武器の女なんて嫌いになるわなー。

光ちゃん、嘘つかないもんねえ…。
それで若い頃はこっちがヒヤヒヤしたもんだよ...
相手選ばず空気もあえて読まずに真っ向から嘘つかないんだもんー。
相手は選ぼうや(驚愕)!と何度思ったかわからん(笑)何と言う不器用さか!と。

それが本来の光ちゃんだもんね(笑)


剛さんは相手を見た上できっちり立ち位置変えたり優等生になったりチンピラ化したり弟キャラになったり将軍になったり相手によって自然に器用に変身出来ちゃう人だからこそ、そのまんまの不器用さにあんなにも焦がれるんだろうなあと思う。(実は器用過ぎて不器用だし、光ちゃんと違うとこで完全なる不器用、なんだけどね(笑)そこがまたいい)

光ちゃんだってもちろん色んなTPOに合わせた気遣いが出来てすごく空気読める本当に頭のいい人。だけど、それってたいてい外へのお出かけ時というか、一人で気を張ってる、本人が言うところの「Shockとかは俺であって俺じゃない」「よそいき」仕事のときなんだろうなあ。

KinKiに帰ってきたときのギャップがすごいわけだが(笑)
そのどれもが光ちゃん。
全部、光ちゃん。


自分の前でばーんて大の字になるみたいに、小細工しない嘘つかないような光ちゃんだからこそ
イタクナイゼンゼンイタクナイって嘘の呪文で頑張る光ちゃんも
まるごと大切にしたくなるんだろうなあ。

剛さん。



寝不足すら嬉しいスペシャルウィーク。

また明日。


| - | - | pookmark |
鏡の中の。
楽屋。


鏡があって
光ちゃんがいて
机があって
机があって
剛さんがいて
鏡があった。


鏡の中に鏡が映ってる。


ああ、すごい。

どちらかが鏡を見ていても、鏡見てなくて机に向かっていても、必ずちゃんと目があうんだね。

「なあ」って呼んでも、呼ばなくても、ちゃんと表情見つけてあげられる。

目を伏せていても。


ああ、すごいなあ。

ああ、すごい。

そうだよね。
この距離じゃなきゃわからないこといっぱいあるよね。
この距離じゃなきゃ駄目なこといっぱいあったんだね。




光ちゃんの目の前の鏡に剛さんが映ってて、剛さんの背中にある鏡に光ちゃんが映ってる。


光ちゃんが、剛は居て当たり前の存在。って言う。


あんなに沢山ある鏡ぜんぶに、居て当たり前のひと。

もっと広くても、もっと狭くても同じ。

ああ。

わたし、KinKiファンでよかったなあ。


KinKiじゃなきゃ、駄目だなあ。



| - | - | pookmark |
迷子の迷子の…
きんきちゃん、迷子になる。



オリスタ様、blogまで最高!

にこいち迷子。



・・・・・・・・イイ!!


なんて素敵なの。

いや〜、イイねー。
光ちゃんが前を歩いて剛さんが後ろからついてってるってのがまた、



イイ!!!(笑)



剛さんが前なら多分迷子にはならんもんなあ(笑)

何がイイのかってね、
うん、
ね、


光ちゃんがほんとのほんとに体調も精神面でも辛いギリギリの時期には、必ず剛さんが前を歩いてくんだもん。

こうやってふたり一緒にすっとぼけてる時期はだからああだいじょぶだってすぐわかる(笑)


だから、イイ!!(涙)


にこいちだなあ。

本当に、にこいちで、一緒に生きてるんだなあ。


こうやってスタジオの隅で、当たり前のように「いつもの」方角にふたりで歩いてって、一緒に迷子になって、そのとき一緒に歩くひとは他の誰か、じゃなくてちゃんとにこいちで、ふたりで。

ふたりで歩いてるんだなあ。


ふたりで生まれ落ちたんだなあ。


この地球に。


ふたりで。


同じ名前を目印にしてさ。


不思議。

不思議だなあ。


あんなにもいちいち全部が大変に思えたことが、こんなにもやっぱり当たり前に思える時間に繋がってるなんて。

ひとはちゃんと乗り越えていけるんだなあ。


だいすきって、
たいせつって、
あいするって、

すごいなあ。


そこ、間違わなかったらちゃんと辿り着けるんだなあ。

辿り着いてそこからまた歩いていけるんだなあ。


一緒に。


果てしない道のりを手を繋いで歩いていきましょう


言葉通りだなあ。


不思議。


不思議が咲きつづける。


| - | - | pookmark |
嫉妬。
オリスタ読みましてん。


剛さんの仄かな嫉妬がなんと心地好い!


番組中ですら剛さんが話す相手はゲストでも試聴者でも誰でもなく光ちゃんになんですね、うん、知ってた。

光ちゃんに笑って欲しくて光ちゃんに興味持って欲しくて光ちゃんにこっち見て欲しくてトークしてるんですね、うん、知ってた。

番組収録でも、コンサート後の寿司屋でも、仕事じゃなくてもいつでもどこでも席が離れていても相方に笑って欲しくて興味持って欲しくてこっち見て欲しくて頑張って喋ってるんですね、うん、知ってた。

MCで本人達が話したコンサート後のお食事会の寿司屋での「お前こっち見てない」「見てたもん」「途中から見てなかった」「けんさんと不思議な話楽しかったの」「頑張って大将いじったのに全然見てへん」「そゆのをそばで見てるのおれすごいすきー」のやり取りが面白過ぎたもんなー。ファンぶっちぎりで置いていかれた幸せの記憶の一つ(笑)

いや、むしろ仕事全く関係ない食事中だけならまだよかったよね、うん、番組収録は仕事だからネ、ほんのちょっぴりだけでも、ゲスト向いてみてもイイカモネー。←棒読み

相方愛って不思議。

くふふふ。
オリスタ読みながらにやにやしてんのにさ、にやけ笑いがとまんないくせにさ、


「そのためだけに僕は生きています」


って言葉がぐるぐるした。
人は、生きて行く中で沢山のやるべき事があって沢山の乗り越える課題があって日々追われながら生きているけれど、
その真ん中で、たったひとつの想いを心の中で大切にして生きることの、大変さや素晴らしさが胸に染み渡る。


剛さんがここまで辿り着けるまでに歩いたあの道のりを思えば自然に涙もでるよ本当に。


大切なものを大切だと言えなかった、認めることすらできなかった日々は、剛さんから沢山のものを奪い取って覆い隠して傷つけて、傷ついて。



今のふたりと私達を見たら、あの頃のふたりと私達はなんて言うだろうね。


こんなの夢でしかないなんて言って泣きながら蹴飛ばして、やっぱり夢なんてものは歌わなくなるんだ、きっと。

昨日、知らなかった気持ち。
今日、知っていく愛情。
明日、知ろうとするこころ。

ちゃんとなるべくしてなる日々を私達は歩いてるから、これからの毎日もしっかり歩いていきましょう。

愛して愛されて

笑いながら歩いていきましょう。



| - | - | pookmark |
みやねさん。
兄弟、楽しかったよね。
楽しかったなあ。たぶん。

ごめん。
もうふたりが画面に一緒に収まってるだけで、なんかこみあげた。
ごめん。
もうほんとにかつかつで、「ふたり」が見たくて、「ふたり」を聴きたくて、「ふたり」を感じたくて、泣きそうだ。
泣きそうだ。
泣きそうだ。

ふたりの歌が聴きたい。

ふたりの声に泣きたい。

ふたりが紡ぐふたりの世界に触れていたい。


わたしはKinKiファンで、KinKiファンでしかなくて、KinKiファンだから、KinKiの歌を聴きたい。

今のKinKiが作る世界を見たい。

過去のふたりは大切。
思い出だっていっぱいある。
懐かしんで引っ張り出す日もある。
ぜんぶ大切。
独りで頑張る時間も大切。
わかってるよ。

わかってるけど、今日は涙がでる。
KinKiに会いたい。
ふたりに会いたい。
ふたりの歌が聴きたい。
ふたりをもっと愛したいのに。

光「どこに行ってもいいんです。帰ってきてくれれば」
剛「帰る前提でしか出かけてないから」


Φだったか緊急だったかそんな会話をしてたふたりにわたしは全然追いつけない。


二重瞼が出す疲れたサインの美人すぎるひと。
からかうくせにいつだって優しい優しい視線で包むひと。


ふたりが隣あえる時間に行きたい。


近くに、じゃなくて
そばに、じゃなくて

隣にいて欲しい。

KinKiの歌が聴きたい。
KinKiの声が聴きたい。
ふたりで重ねるうたが聴きたい。


泣いても泣いても

これはわがままでしかないんだろう。

ふたりが好きだなんて

KinKiが好きだなんて


わたしはなんてわがままなんだ。


泣いて焦がれてうちのめされても、
それでも諦められない。


KinKi Kidsが、大好きだ。

大好きなんだ。


| - | - | pookmark |
映画「告白」
KinKiちゃん関係ないしネタバレなんでたたむお。




.
続きを読む >>
| - | - | pookmark |